ブログトップ

手刺繍屋 Eri-kari(エリカリ)

erikari.exblog.jp

九州国立博物館

本日はアルバイトお休みのため、九州国立博物館に印籠を見に行きました。平日なのに太宰府天満宮は人が多くてびっくり!もちろん博物館も…

ボストン美術館の所蔵品が来ているようで、そちらは大混雑なので行かず、印籠に絞りました。フィンランドのご夫婦が集めた印籠とのこと。どうやってあんなに集めたんだろう?しかし遠い国で大切に保管されてたことが素晴らしいです。

それにしても、江戸の職人さんは粋だなぁと感じました。あまりのユニークさにひとりで見に行ったのにニンマリしてしまうものもあり(^^)誰が作ったか分かりませんが、ひとつひとつの印籠が個性を放っていました。

太宰府天満宮の宝物殿でフィンランドのテキスタイルが見れるとのことで、そちらにも行きました。とにかく作品が少ない!!あんなに宣伝するなら、もっと持って来てください!そして何より気になったのがテキスタイルのしわ…古いものでアイロンがかけられない可能性があるにしろ、たたみじわが気になって、作品が印象に残りませんでした。

私もあんな粋な作品が作りたい!生地にアイロンはかけよう!と思った一日でした(^^)
by eri-kari | 2013-03-06 22:06 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://erikari.exblog.jp/tb/19904109
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 富です at 2013-03-07 19:20 x
お茶の先生から、本物を観て本物を知る事はとても大切な事と教えて頂いた言葉が心に残ってます。
何かを感じるって良いですよねぇ~p(^^)q
Commented by eri-kari at 2013-03-18 22:35
富さん、このコメント今日気が付きました!ごめんなさい!!お知らせメールが来てなかったんです(言い訳!?)
次回はベトナム展でした。大宰府が近くにきてほしいと勝手なことを思ってしまう私です。
<< 刺繍の蝶 11㎝×11㎝ >>